その他〜マスコミ

わずかながらではあるが、日本にも採点を疑問視する声を上げる人はいる。その物言いは非常に慎重であるけれど(特にテレビ)。


「バンキシャ」でエフゲニー・プルシェンコ、3回転半を語る

「真央はきれいなトリプルアクセルを跳んだ。」
「これにはかなり評価点(GOE)がつくべきだ。」
「しかも世界で初めて、地球上で初めて、2回もトリプルアクセルをやり
 遂げた。しかしジャッジは、充分な点を与えなかった。」



マツコ・デラックスが分析する五輪フィギュアの加点基準

「キム・ヨナがこの何年かやってきたことは、そんなに技術的にすごいことをせずとも、感情に訴える部分で、美しくジャンプを跳ぶっていうのも含めて、如何に点を稼ぐかってことに心血をそそいできたと思うのよ」



「東京スポーツ」ヨナ、世界中からついに猛批判 2010年4月1日
20100401To-Spo.jpg

「フリーでミスを連発したヨナが、ほぼ完璧な演技だった浅田真央の得点を上回り、”まさかのフリー1位”。」
「あまりに不可解な採点に世界中から『あり得ない』『審判から何らかの配慮があったことは明らか』など不信感が募っている。」




「疑惑の名勝負大全―闇に葬られたスポーツ衝撃の裏歴史を徹底暴露!! 」
2011年5月23日発売 ミリオン出版

shoseki.jpg

shoseki02.jpg

内容抜粋
「だが、圧倒的な力でバンクーバー五輪を勝ち取ったかといえばそうではない。残した228.56点は2011年、ロシアで開催された世界選手権男子の7位と8位の間に位置する。
6位となった織田信成でさえ、232.50だ。2010年までキムに有利なルールだったとは言え、予想以上に”盛られた”スコアだったと言わざるを得ない。」



  • 最終更新:2011-06-09 14:40:22

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード