バンクーバー五輪

2010年バンクーバーオリンピック 採点比較

キム・ヨナがショート・フリーともノーミスの演技で金メダルを獲得。
浅田真央はショートではノーミスだったもののフリーでジャンプミス、
銀メダルに。

しかしノーミスとはいえ、キム・ヨナのたたき出した228.56点という総合得点は、女子で200点越えは限界があるとされていた常識を大きく覆す銀河点。この得点が、皮肉にも世界中にフィギュアスケートの採点の公正性への疑問を知らしめることとなる。

newspaperUSA.jpg
(アメリカの新聞に載った風刺画)


一体どうやってこんな(不可解すぎる)高得点を出したのか?
特に、フリープログラムの採点について注目して欲しい。

ショートプログラム


フリープログラム



「男女金メダリストのプロトコロ比較」(クリックで拡大)
GOEcomparison.jpg


  • 最終更新:2011-06-08 17:57:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード